デリヘルのプレイ時間の良い選び方

サイトマップ

仰向けに寝る女性

デリヘルでの標準的な遊び方の手順

黒い下着の女性

一昔前までは、ファッションヘルスといっていましたが、今現在は各種類に分類されてきて、大阪の堺などでは代表的な無店舗型風俗店と云われるデリヘル、契約ホテルでプレイするホテヘル、そして店舗型ヘルスと同じような箱ヘルなどに別れているようです。

サ-ビスの内容は何れもファッションヘルスに準じていて、口や手を使ったサービスで、本番行為はありませんし、所謂、ソフトサービスがメインになります。


この際に、必ず必要になりのが携帯電話であり、お店や女性との連絡を取り合うためにもお互いにからむ電話をすることです。
携帯にて予約が無事に完了すると、概ね、短時間の内にお相手の女性、又は店の方からお客の男に確認や約束の為に携帯へ電話がかかってくる手はずにになります。

この時、お客の男性は、凡そ10分程度前には、待合わせ場所で待つ事になりますが、時間になると再び女性から電話がかかってきて、お互いの待合の場所や服装を再確認しながらスムーズに会えるようにする事です。

上品な感じの風俗嬢を探して

風俗に通うときには、ある程度の目星をつけてお店に行くようにしている。最近は、有名なお店はネットでお店の状況を確認する事ができるのだが、新しく入ってきた子のプロフィール写真が閲覧出来るので、常にチェックするようにしている。

ある時、そこに写ってた写真が多少加工してあるにせよ、剛力彩芽の雰囲気が漂っているかわいい子がいた。目線が入ってるので、ほんとにかわいいかどうかは見てみないと分からないのだが、後ろ姿はそのまま剛力彩芽だといって良いはず。

程良い細さの太ももや足を見ると、腰のラインも十分に綺麗である事が想像できる。実際にその店に行って新しく入ってきた子をチェックする事にした。お店のパネルで見て見ると、誰なのか分からないので「最近入ってきた新しい子がいるか?」と聞いたら、当然「いる」と言う答えだった。

そして、お願いした風俗嬢と顔を合わせたのだが、自分が想像していた子(ネットのプロフィールの写真の風俗嬢)とは違っていた。身長も低くてポッチャリタイプな風俗嬢だった。何というか..風俗業界では平均的な体型で、バストは中々大きめだが、アンダーも大きいので丸太のような女の子である。

ただ、若かったのでまだ良いと思い、そのまま楽しんだ。お腹も出ているデブな女の子だが、胸も柔らかいし、何より興奮したときの声がかわいかったので、自分なりに楽しめた風俗だった。考えたら、いつもこのようなパターンばかりのような気がする。

TOPへ